矢部金太郎


【建築家データ】
矢部金太郎(やべきんたろう)
東京美術学校出身、岡田の教え子。 旧建築会館(昭和57年取壊し)の設計者として知られる。

    静岡県出身
大正7 1918 東京美術学校図案科第2部卒業
卒業設計「劇場建築」
     内務省明治神宮造営局
絵画館の建設に携わる
大正12 1923 大隈講堂コンペ3等当選
大正13?  1924?  (株)玉川園
田園調布の開発に携わる
大正14? 1925? 復興建築助成株式会社
昭和5頃まで?
昭和2  1927  建築会館コンペ1等当選
    新橋に設計事務所を開設
昭和9 1934 東京市庁舎コンペ佳作
昭和20 1945 静岡県相良町に疎開
    相良町で公職に就く
昭和51  1976 逝去

作品
△ 田園調布駅(1924、田園調布) * 外観復元されている
● 渋沢秀雄邸(1924、田園調布) * 通称電気ホーム(あめりか屋施工)
● はいばらビル(1927、日本橋) * 中村直次郎と共同、復興建築助成株式会社資金で建設
● 建築会館(1930、銀座) * コンペ当選案、実施設計:復興建築助成株式会社。三田の建築会館に、一部部材保存
○ 芝本邸(1935頃、田園調布)
● 犬丸邸(1936、田園調布)

* 復興建築助成株式会社では高橋貞太郎が技師長であり、高橋設計の上高地帝国ホテル、川奈ホテルの設計にも関与しているという。 

参考文献
○ 「建築人国雑記」

(2002.10.09)

[MENU]